誰にも知られずデリケートゾーンの
『臭い・黒ずみ・かゆみ』からおさらばできます!

デリケートゾーンのにおい、何とかなるの?

女性なら誰でも、生理中のデリケートゾーンのにおいが気になった経験があると思います。ナプキンなどに消臭機能のついたものも出ており、本当はみんな悩んでいるのだということが伺えます。誰でも多少のにおいはあるものですが、気になるということであれば陰部のにおいの原因と解消法を確認してみましょう。

デリケートゾーンの洗い方

陰部のにおいにはいくつかの種類があります。酸っぱい系、血液系、わきが系等が代表的なものです。まず酸っぱい系については、基本的に正常なものです。そもそも膣自体は酸性に保たれているので、そのにおいは仕方のないものです。ただしあまりに気になる場合、雑菌の繁殖が起こっている場合があります。特におりものはタンパク質でできているので、雑菌が繁殖しやすくなります。湿度が高く、温度が高いほどにおいはキツくなってしまいます。これを防ぐには、こまめに清潔にするしかありません。 生理中は、どうしても経血によってにおいが出てしまいます。ナプキンの技術も進んでいるので、表面に経血が溜まらないようになり、においも抑えられるようになってきました。生理の後期になると、ナプキンの交換の頻度が低くなると思いますが、においの点から言うとこまめに交換したほうが良いです。ちなみにタンポンを使った方が、周囲の雑菌と接触する面積が小さくなるので、においは気になりにくくなります。タンポンの経験がない場合は、試してみても良いものです。 ごくまれに、わきがのようなにおいになる人もいます。それは、外陰部にもわきと同じく匂いの原因になるアポクリン腺があるため、分泌物が多いとわきが臭になる可能性があるのです。この場合はクリニックで治療が可能なので、「他の人と違うかもしれない」と思ったら相談に行ってみることをおすすめします。 もしにおいだけでなく他の症状、たとえば痛みやできもの、ただれなどがある場合は、性感染症の疑いがあります。感染症になると、陰部の組織が壊れやすくなるため、さらに他の感染症にもかかりやすくなります。パートナーと同時に治療しないと再発の可能性も高く、根気よく治療を続けることが必要になります。

デリケートゾーンのにおいが気になるからと言って、大きな病気である可能性は低いものです。他の人と比べることが難しいこともあり、一人で悩んでいる人も多いことでしょう。基本的には清潔を心がけることでにおいはおさまるので、そういった対策をしてみましょう。ほとんどの場合は普段より雑菌が繁殖しやすい環境になったことが原因なので、ナプキンをこまめに交換する、ビデを使う、ムレない服装を心がけるということで大部分が抑えられます。

このページの先頭へ