誰にも知られずデリケートゾーンの
『臭い・黒ずみ・かゆみ』からおさらばできます!

ビキニラインの黒ずみ、気になりますよね

女性は白くて美しい肌でいたいものです。ただ、なかなかそうはいかないのがビキニラインの黒ずみ。普段は気にならなくても、水着を着る機会や温泉に行く時には気になるものです。そして、シミとは違って長い間をかけて黒ずんでいっただけあって、なかなか改善しないのもビキニラインの黒ずみです。陰部の黒ずみの原因と対処法を確認しておきましょう。

デリケートゾーンの洗い方

黒ずみの原因は、外部からの摩擦です。特に女性用下着と皮膚が擦れることによって、徐々に皮膚が黒ずんでいってしまいます。ビキニラインは股関節の内側ということもあり、皮膚が薄い部分です。そのため刺激に弱く、黒ずみやすいのです。特に子供の頃は、下着の足の付け根部分に強めのゴムが入っていたと思います。そして大人になるにつれ下着のシルエットはフィットするものになりますが、やはり足の付け根部分はフィットするように伸縮性の素材でできています。こうして、自分であえて擦る機会がないにも関わらず、ビキニラインの黒ずみが濃くなっていってしまいます。 まずは下着の締め付けをなくすことが大事です。ボクサーパンツタイプのものを選んだり、ヒモで結ぶタイプのものもおすすめです。子供用の下着も、ポップな柄のものはユニセックスであったりします。男の子用の下着は足の付け根部分にゴムが入っていないので、意識的に選ぶことが大切です。 顔のシミを消すための美白クリームを使って、できてしまった黒ずみを消そうと試みる人も多いでしょう。しかしビキニラインの黒ずみはなかなかしぶとく、顔用のものでは効果が薄いのです。美容皮膚科では黒ずみを消す治療を行っているところもありますが、時間をかけて取り組むもので、メラニンの合成を抑えるクリームを処方しています。黒ずみを消すには、根気よく続けながら、同時に新たな刺激を与えないことが大事です。 補助的にはなりますが、外陰部の永久脱毛をすることで、肌のトーンが1ランクアップすることがあります。通常、永久脱毛では日焼けをしていると施術できないのですが、多少の黒ずみであれば脱毛が可能です。脱毛をすると、ムダ毛を剃ることが少なくなるので、新たな黒ずみを発生させることも少なくなります。

女性のビキニラインの黒ずみは、ダイエットをして綺麗になっても残る悩みです。日頃からできるだけ刺激を与えないようにしながら、根気よく美白クリームを使うのが良さそうです。新しい下着を選ぶ際は、デザインだけでなく締め付け具合で選んでみてはいかがでしょうか。きっと来年の夏には自信を持って水着が着られるようになっていると思います。

このページの先頭へ