誰にも知られずデリケートゾーンの
『臭い・黒ずみ・かゆみ』からおさらばできます!

イヤな陰部のかゆみ、何とかしたい

女性のデリケートゾーンは非常に敏感で、しかも粘膜が非常に近いため、ムレやすくなっています。汗をかいたり、ストッキングをはくと、湿気がこもりがちです。また生理中にはそこにさらにナプキンが加わります。そのムレによって、かゆみが引き起こされています。陰部のかゆみの原因と対処法を確認しておきましょう。

原因と対処法

まずは湿気やムレによって雑菌が繁殖してしまうことによるかゆみです。特に他の病気でない限り、ほとんどの陰部のかゆみはこれらが原因です。 女性のボトムスは、とかく締め付けがちなものが多いです。下着もゆったりしたものよりも、補正効果のあるものが多いです。さらにそこにストッキングを履くことによって通気性が悪くなります。スキニーパンツなどを履くことにより、さらに締め付けることもあります。こうして常に陰部に下着が密着し、しかも通気性が悪くなっているのです。そうすると、周囲に存在している雑菌が陰部で繁殖しやすくなり、かゆみにつながります。 また生理中はナプキンを付けているため、余計に湿気がこもりがちです。見た目でナプキンが汚れていなければ交換頻度が落ち、見えない雑菌が繁殖してしまいます。こまめに交換して清潔を保ことが、かゆみを発生させない一番の方法です。 ストレスや生活習慣の乱れによって自律神経やホルモンバランスが乱れてしまうと、それも陰部のかゆみの原因になります。体の抵抗力が落ちていると、ちょっとした刺激でも過剰に反応してしまうのです。そんな場合はストレス解消を心がけて、ゆっくり心と体を休めましょう。 また陰部でもVライン、すなわち陰毛の生えている部分もかゆくなりがちです。体に生えている毛には、そこに空気や湿気をためることによって、皮膚を守る役割があります。しかし陰毛に関してはムレの原因になってしまい、毛穴が炎症を起こしていることが多くあります。シャンプーする時のように、地肌を指の腹でやさしく洗うことによって、毛穴の中に余分な物質を溜めないように心がけましょう。時間とお金がかかりますが、Vラインの永久脱毛をすることによってもかゆみが起こらなくなります。 一時的にかゆみを抑えるには、軟膏やクリームが有効ですが、婦人科を受診して適切な薬をもらうと効き目が強いです。ただしそれも頻繁に使用すると副作用が起こる可能性があるので、基本的には自然に治癒されるよう気を付けることが大切です。

女性の陰部のかゆみは、誰にも相談しづらいものです。ほとんどの場合は、清潔に心がけ、通気性を保つようにすれば改善していきます。ただしあまりにかゆみがひどい場合は感染症などの可能性がありますので、その場合は一度婦人科を受診することをおすすめします。

このページの先頭へ