誰にも知られずデリケートゾーンの
『臭い・黒ずみ・かゆみ』からおさらばしよう!

外陰部のトラブルと対処方法

外陰部とは、目で見ることのできる女性器のことです。膣より外側と考えるとわかりやすいです。普段からかゆみを患っていたり、体を洗っている最中などにできものに気づいたら、どう対処すれば良いのでしょうか。主な外陰部のトラブルと対処法を見てみましょう。

一番多い原因は?

まず一番多いのが外陰部のかゆみです。見た目に変化がなければ外陰掻痒症と言って、ムレやかぶれ、自律神経の乱れなどによって起こるものです。強いかゆみを伴うのでかいてしまうこともあり、それによって湿疹ができる場合もあります。対処方法としては湿疹を軟膏、クリームなどで治し、外陰部を清潔に保ったり、ストレスを取り除くなどして改善を試みます。使用している石鹸が合わなかったり、すすぎが足りなかったりすることで起こる場合もあります。

見た目にわかるただれや腫れは、細菌に感染している可能性が考えられます。カンジダ外陰炎、バルトリン腺炎や、何らかの原因で不潔になったとき等に発症します。早めに婦人科を受診しましょう。軟膏と清潔にするだけでは治らないものが多く、抗真菌剤や抗生物質の内服が必要な場合があります。痛みを伴うこともあり、おりものの状態に変化が現れることもあります。

外陰部にしこりができることもあります。しこりは、皮膚には変化がなく、内部に塊を感じる状態のことです。よくあるのは大陰唇や恥丘の脂肪組織がコブになった腫瘍です。放っておいても支障はありませんが、婦人かで簡単に切除が可能です。しこりが赤く、次第に大きくなってきている場合は外陰がんが疑われます。早期発見で十分に治療ができるので、気づいた時点で早めに受診しましょう。

またできものも比較的多くあります。水泡やイボなどであればすぐに治るものもありますが、性感染症などによるできものの場合もあります。代表的なものが尖圭コンジロームや性器ヘルペスです。どちらもウイルス感染によって起こりますが、特にコンドームなしでのセックスによって感染します。再発も起こりやすく、定期検診がすすめられます。 どれも、普段から清潔にしておくことを心がけることで予防できたり、早期発見につながります。また小さなことですが、普段の排尿後は前から後ろに向かって拭くことで大腸菌の移動も抑えられ、感染しにくくなります。

外陰部のトラブルは身近な人にも相談しづらいものです。清潔に保つことによってかなりのトラブルが抑えられるので、下着や寝具を清潔にしたり、陰部をちゃんと洗うことを心がけましょう。もし性感染症だった場合は、パートナーも同時に治療を行わないと再感染が起こりがちです。また日頃から行きやすい婦人科を見つけておくことで、いざという時の安心につながります。

このページの先頭へ