誰にも知られずデリケートゾーンの
『臭い・黒ずみ・かゆみ』の悩みからおさらばしよう!

デリケートゾーンの『臭い・黒ずみ・かゆみ』が気になり出したら石鹸の見直しを

女性であれば誰しもデリケートゾーンに多かれ少なかれ悩みがあるものです。時期によっては汗やムレが気になったり、においが気になる人もいます。同時にかゆみが現れることもあります。ワキ同様な悩みの多い部位であるにも関わらず、友達同士でその話をすることはほとんどありません。これらの悩みは、石鹸を変えたり洗い方を変えることで改善することがあります。デリケートゾーン用石鹸の選び方について考えてみましょう。

洗顔方法にはさまざまな理論があり、テレビや雑誌でも頻繁に情報に接することができます。ここではデリケートゾーンの洗い方を見てみることにします。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは、皮膚部分と粘膜部分でできています。また形状も複雑なため、すみずみまで一生懸命洗ってしまうと、かえって傷つけてしまったり、洗いすぎによって陰部の常在菌まで流してしまうことがあります。まずは石鹸は刺激の少ないものを選びましょう。添加物が多いものは避け、天然成分で出来ているものをおすすめします。また泡立ちにくい石鹸だと、洗浄成分がダイレクトにデリケートゾーンに触れてしまうので、ネットを使って泡立てるなどして泡立てるようにしましょう。ちなみに膣内は常に酸性に保たれているので、あえて洗う必要はありません。その周囲までを手指を使って洗いましょう。

陰毛の生えている部位は、毛穴付近を指の腹でやさしく洗います。粘膜部も決して爪を立てないようにし、すすぎも十分に行いましょう。石鹸成分が残ってしまうと、トラブルの原因となります。ゴシゴシとする必要はありませんが、表面からお湯を当てるだけではなく、陰唇の隙間も洗い流せたか確かめましょう。また普段からネイルをしている人は、爪の裏側にたくさんの細菌がいます。デリケートゾーンを洗う前に、手や爪を石鹸でよく洗っておきましょう。

洗顔料やシャンプーにはこだわるけれど、ボディソープにはこだわらないという人も多いと思います。普段から敏感肌でなければ石鹸にまで特に気が回らないかもしれません。しかしデリケートゾーンは他の部位よりも丁寧に洗ってあげましょう。できればボディソープより固形石鹸をおすすめします。ボディソープは泡立ちをよくするために開発されており、原材料を見れば圧倒的に石鹸よりも添加物が多くなっています。

デリケートゾーンにはデリケートゾーン用石鹸を用意するのが理想的です。刺激の少ない、泡立ちの良いものを選びましょう。ちゃんと洗えていれば、次第にかゆみなどのトラブルも減っていきます。バラエティショップ等でもたくさんの石鹸が売られているので、少しずつ試してみましょう。洗い心地が気に入るもので、トラブルを起こさないものに出会えるはずです。

デリケートゾーン用石鹸を選ぶ時の3つのポイント

  • ジャムウ配合の固形でデリケートゾーンにも使えるものを選ぶ。
  • 敏感肌にやさしいものを選ぶ。
  • 泡立ちの良いものを選ぶ。

みんなが選んでるオススメなデリケートゾーン用石鹸

直接お店で買うのは恥ずかしい・・・』という方は、通販での購入がオススメです!

ジャムウ・ハーバルソープ オススメ度:★★★★★ ハンドメイドで日本人の肌に合わせた石鹸。敏感肌の全身用ソープとしても使用可能です。
ロンタルハーバルジェルソープ オススメ度:★★★★☆ 弱酸性で作られているため、肌にやさしく、 敏感肌の全身用ソープとしても使用可能です。
ドルチェローズ 生ジャムウ ソープ オススメ度:★★☆☆☆ 洗浄、ニオイケア、引き締め、保湿、ブライトニング、アンダーヘアのケアと6つの役割を果たしてくれます。

デリケートゾーンの『臭い・黒ずみ・かゆみ』が気にならなくなれば、パートナーとベッドで思いっきり愛し合えて、心から感じれるようになれるんでしょうね♪

このページの先頭へ